スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女ってバカだ!!!!

女がゴミな理由
�@自己中で無責任なのは人類の業。
それを戒め、日々精進、人として「善く」なろうと努力し積み上げ成長するのが、男。
女はその日だけ、その時だけ、自己の強い思い出はクッキリ記憶→脈絡なく話題にする
解決したことを忘れ同じ怒りを幾度となくぶちまける。
�Aダイエット→太る→通販→結局笑顔でガツ食い→キレる→ループ
�B不義理を良しと出来る軽さ。義務を果たさない。そのくせ男には身勝手と抜かす。
そのくせ権利は主張、その主張がまた感情的で視野が狭すぎる。赤子か!
�C羞恥心なし。化粧品を揃える努力は柱をも立てられる時間とエネルギー使用。
柱に興味はないが立ててくれないと愚痴る。化粧に費やすモロモロ勘定したら恐ろしい、が見て見ぬふり。そして今日もお昼のワイドショーの視聴率アップに貢献→化粧品のCMに反応
「高いは!」と愚痴りつつ、旦那の稼ぎを思い出す。
ご飯つくる気力を失う。しかし夕方ふと気力をふりしぼったような恩着せがましさで適当に夕食を作る。その気力をもたらしたものとは「あいつに厭味を言う!」ためのお膳立てである。
一日費やして、なにやってるんだろうね。バカか!
�E生きてることに理不尽さを感じモヤモヤ、でもバカだから自分では解決できない。
�F「女は可愛いと言われるともっと可愛くなる、綺麗もどうように・・・」
なら、その反対もしかりか。たいていの女は若い頃が見た目で可愛いピーク。
といってもほとんどの学生女はタンソク、無能、不格好で不細工で生意気なんですよね。
数少ないましな女も
「褒めて貰えなくなる」→「けなされている自覚」→「劣化悪化が加速度的に」
世の女が年をとる程にどんどん妖怪化していくのは自然の摂理。
�G非を認めない。
女は非を認めない上で「男は批判的」などという。自分だけが被害者ぶる。
関係のない回りに自分の一方的な言い分を、さも
「言いたくないんだけど」的態度でガンガン言いふらす。
その話が、つきつめると支離滅裂。そのくせ男を理屈っぽいという。
そんな女の見方になるのもやはり女。一緒になって男を馬鹿にする。
最初の「理由」なんてどうでも良かったんだろうね!
ようはムカついた感情を発散、癒したいだけ。
癒されるまで餓鬼のように徘徊。
�H金やブランド命。テレビ番組観覧に応募しているのはほとんど女。ミーハー。
キャーキャーうるさい。実は男以上に変態。無意味にお金を消費するのに悩まない。
�I世の重要人物は99%が男。つまり女は創造できない。
機能が勝手に生むだけ。そこに本人の能力は一切かかわっていない。
頭は成長しないでも体は勝手に成長→子供は産めるわけさ。ははは。
�J自分に不都合があれば逆切れ。男は「男らしく」と言われる、女々しいと言われ
謝る努力をいつも考えている。が、女は被害者の自分をテーマに、ヒロインになりきり
そのディテールを固める言い訳「涙」などではなっから勝ちに行っている、無意識に
それができてしまう、それが女々しいってことなのだが。ははは。
まあ、もとから謝るってことを「駆け引きの道具」として備えているのが、女。
女に謝ったり、何かしてあげる行為は、こっちに何かして貰うことが前提。
無償ではない。さらに時を経るごとに利息が半端なく倍増する。   
女と関わらないことが安静な人生をおくるための貯金生活につながる。
�K人の振りみて我が振り直せ」ができない。何度も言ったが、バカだから!
�L他人(異性)には厳しく、自分(同姓)に甘い。甘い同姓を知っているから同姓を否定する。
たいがいの同性批判は自分批判であることにまったく気づいてない。
そんなやりとりテレビでもよく見るね。
余裕な表情で男性を語る年増芸能人たちの自己矛盾と余裕の無さは涙もの。
「貴方はおこちゃまね」っていう言葉に重みはなく、実は内容もない。
ぼやけた言葉を用いて大きなテーマを知ったかぶりするが、ボキャブラリが少ないので
すぐに人格否定、風体批判、感情論命の論調に発展。めんどくせええし意味ねええ!
そう、最初から女のはなつ「偉そうな苦言」に深い意味、内容なんてなかったのだ。
あるようにみせかけるのが得意。なぜなら「女だから」という最終の逃げ口実があるからね。
なぜそんなヘナチョコな自分を許せるのか。なぜそれで問題なく生きていけるのか。
たいした価値も持ち合わせていないのに、なぜ異性を品定めできるのか。
�N身の程知らず
つまり、男から見て女ってのはバカでしかないw
男の生きる高度な世界に女が住むことは不可能。
人間という崇高な生き物のくくりの中で、賢人番付の上位を男が独占するのは当然
女は淘汰されるよわっこい動物に過ぎない。
「女はセックスだけの生き物でしょ。 」
こう言う男がいる。
オレにとってはそれですらない。
セックスの気持ちよさは穴に突っ込むことではないからである。
その穴にいろいろな思い入れ、入れたいという強い欲求があれど
それよりも自分が汚れるという嫌悪感が強ければ、さわりたくもない。
無論、アソコも立ちません。
バカ汚れ女を見て欲情する男は、その女と同程度のバカ汚れ男ですな。
ってことでここ数年、欲情する機会にほとんど巡りあえていない。
女を振り切れないで馬鹿にされている。
女にかっこよく見られようとしたり気に入られようとするから逆に馬鹿にされる。
どうでもいいだよ、女なんてものは。
セックスが頭にちらついて、断れないでいるんだろ?
平山哲史ひらやまてつふみ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

平山哲史 ひらやまてつふみ

Author:平山哲史 ひらやまてつふみ
東京都文京区水道 シャンボール小石川 近所の男子学生メールすべし 哲神会は男子の弟子も募集中! オレは1977年生まれ 愛車はフェラーリ512TR、アルファロメオ147、80系スープラ、その他数台 男尊女卑の推進 女と子供は社会のゴミ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
hirayama
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。